「人材募集情報」カテゴリの配信内容

・職員・会計年度任用職員等の募集のお知らせ
所沢市 危機管理課です。
令和2年5月23日12時15分に以下の内容を放送しました。

「所沢市長の藤本正人です。
緊急事態宣言に伴う所沢市の取り組みについてお知らせします。

・特別定額給付金の郵送分を5月22日に発送を完了しました。
・市民医療センターでの発熱外来では、精密な検査を行ったうえで、保健所の指示により、必要な方にPCR検査を行っています。
・所沢市医師会によるPCR検査センターを6月初旬に開設します。
・なお、5月20日時点での市内の感染者は、入院されている人が18名、ホテル療養をしている人は4名です。
・私たち一人ひとりが気を緩めず、人に対して大らかに、支え合いながらこの困難を乗り切ってまいりましょう。」

なお、この放送は5月24日まで毎日、放送します。

お問い合わせ:所沢市 危機管理課
電話:04−2998−9399
令和2年4月と5月の市議会臨時会で議決されました、所沢市独自の支援策をお知らせします。
これらの施策には、国からの給付金のほか、ふるさと応援寄附(ふるさと納税)も活用してまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。
※ふるさと納税について
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=1&n=6662

■水道料金を無料とします 問合せ:所沢市上下水道お客様センター 2921-1080 FAX2921-1093
・すべての水道利用者を対象に、2か月分の水道料金を無料(全額免除)とします。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=2&n=6662

■事業者への支援 問合せ:産業振興課 2998-9157 FAX 2998-9162
・10万円(定額)を給付します(申請は6月上旬から)。
従業員20名以下の、市内に本社がある法人又は主たる事業所がある個人事業者で、売上が前年同月比20%以上減少している場合が給付対象です。前年実績のない新規開業者もご相談頂けます。
詳細が決まり次第、市ホームページ等でお知らせします。
・雇用調整助成金等の申請手続きをサポートするため、社会保険労務士による個別相談会(事前予約制)を実施しています。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=3&n=6662

■商店への支援 問合せ:商業観光課 2998-9155 FAX 2998-9162

・テイクアウト、宅配を始める飲食店の事業転換経費を9割補助(10万円限度)します。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=4&n=6662
・商店街等の運営支援のため、1加盟店あたり1万円を商店街等に給付します。
・商店街の照明施設等の電気料補助を拡充します。(200万円を上限に10割補助)

■文化・音楽・スポーツの支援など

・雛人形等を制作・販売する伝統工芸士の所属する事業者に給付金を支給します(産業振興課)。
・活動の場が失われている「音楽のあるまちづくり」協力ミュージシャンや店舗等に給付金を支給します(文化芸術振興課)。
・市の観光大使JAY’S GARDENに市制施行70周年記念ソングの制作を依頼します(企画総務課)。
・感染拡大が落ち着いた後、市内プロスポーツチーム等との協働によりスポーツイベント等を開催し、元気を届けます(商業観光課)。
所沢市 危機管理課です。
令和2年5月15日18時15分に以下の内容を放送しました。

「所沢市長の藤本正人です。
緊急事態宣言が5月31日まで延長となる中、所沢市では、新たな感染者は少なく抑えられています。
しかし、皆様には、引き続き「3つの密」を賢く避けて行動いただきますようお願いします。

所沢市の取り組みをお知らせいたします。
・お医者さんを通じた、予約制の市民医療センターでの発熱外来は、精密な検査を行ったうえで、保健所の指示を受け、必要な方にはPCR検査も行っております。
・また、医師会が中心になり、ウォークスルー方式での検査を準備中しています。
・軽症者の宿泊施設は、1,000床、県内で確保され、充足しております。
・保育園、児童クラブは臨時休園措置を自粛要請へと、5月20日より、1段階緩めます。
・図書館は本館・分館ともに予約された本の貸出を5月19日より始めます。
・10万円の特別定額給付金は、5月22日までに各世帯へ申請書を発送し、今月中に支払いを開始します。
・児童手当を受けている方に、児童1人につき1万円を上乗せして給付します。
・全ての水道利用者を対象に、2か月分の水道料金を免除いたします。
・その他にも支援策を用意しました。

・さて、ここで、市内の感染者の状況がわかりました。
・5月14日時点、入院またはホテル療養をしている人は、41名です。
・もうひと踏ん張りです。
・私たち一人ひとりが気を緩めず、人に対して大らかに、支え合いながらこの困難を乗り切ってまいりましょう。」


なお、この放送は5月18日まで毎日、放送します。

お問い合わせ:所沢市 危機管理課
電話:04−2998−9399
「人材募集情報」カテゴリの配信内容

・職員・会計年度任用職員等の募集のお知らせ
所沢市 危機管理課です。
令和2年5月23日12時15分に以下の内容を放送しました。

「所沢市長の藤本正人です。
緊急事態宣言に伴う所沢市の取り組みについてお知らせします。

・特別定額給付金の郵送分を5月22日に発送を完了しました。
・市民医療センターでの発熱外来では、精密な検査を行ったうえで、保健所の指示により、必要な方にPCR検査を行っています。
・所沢市医師会によるPCR検査センターを6月初旬に開設します。
・なお、5月20日時点での市内の感染者は、入院されている人が18名、ホテル療養をしている人は4名です。
・私たち一人ひとりが気を緩めず、人に対して大らかに、支え合いながらこの困難を乗り切ってまいりましょう。」

なお、この放送は5月24日まで毎日、放送します。

お問い合わせ:所沢市 危機管理課
電話:04−2998−9399
令和2年4月と5月の市議会臨時会で議決されました、所沢市独自の支援策をお知らせします。
これらの施策には、国からの給付金のほか、ふるさと応援寄附(ふるさと納税)も活用してまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。
※ふるさと納税について
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=1&n=6662

■水道料金を無料とします 問合せ:所沢市上下水道お客様センター 2921-1080 FAX2921-1093
・すべての水道利用者を対象に、2か月分の水道料金を無料(全額免除)とします。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=2&n=6662

■事業者への支援 問合せ:産業振興課 2998-9157 FAX 2998-9162
・10万円(定額)を給付します(申請は6月上旬から)。
従業員20名以下の、市内に本社がある法人又は主たる事業所がある個人事業者で、売上が前年同月比20%以上減少している場合が給付対象です。前年実績のない新規開業者もご相談頂けます。
詳細が決まり次第、市ホームページ等でお知らせします。
・雇用調整助成金等の申請手続きをサポートするため、社会保険労務士による個別相談会(事前予約制)を実施しています。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=3&n=6662

■商店への支援 問合せ:商業観光課 2998-9155 FAX 2998-9162

・テイクアウト、宅配を始める飲食店の事業転換経費を9割補助(10万円限度)します。
※詳しくはこちらへ
http://tokorozawa-hotmail.jp/jump.cgi?p=4&n=6662
・商店街等の運営支援のため、1加盟店あたり1万円を商店街等に給付します。
・商店街の照明施設等の電気料補助を拡充します。(200万円を上限に10割補助)

■文化・音楽・スポーツの支援など

・雛人形等を制作・販売する伝統工芸士の所属する事業者に給付金を支給します(産業振興課)。
・活動の場が失われている「音楽のあるまちづくり」協力ミュージシャンや店舗等に給付金を支給します(文化芸術振興課)。
・市の観光大使JAY’S GARDENに市制施行70周年記念ソングの制作を依頼します(企画総務課)。
・感染拡大が落ち着いた後、市内プロスポーツチーム等との協働によりスポーツイベント等を開催し、元気を届けます(商業観光課)。
所沢市 危機管理課です。
令和2年5月15日18時15分に以下の内容を放送しました。

「所沢市長の藤本正人です。
緊急事態宣言が5月31日まで延長となる中、所沢市では、新たな感染者は少なく抑えられています。
しかし、皆様には、引き続き「3つの密」を賢く避けて行動いただきますようお願いします。

所沢市の取り組みをお知らせいたします。
・お医者さんを通じた、予約制の市民医療センターでの発熱外来は、精密な検査を行ったうえで、保健所の指示を受け、必要な方にはPCR検査も行っております。
・また、医師会が中心になり、ウォークスルー方式での検査を準備中しています。
・軽症者の宿泊施設は、1,000床、県内で確保され、充足しております。
・保育園、児童クラブは臨時休園措置を自粛要請へと、5月20日より、1段階緩めます。
・図書館は本館・分館ともに予約された本の貸出を5月19日より始めます。
・10万円の特別定額給付金は、5月22日までに各世帯へ申請書を発送し、今月中に支払いを開始します。
・児童手当を受けている方に、児童1人につき1万円を上乗せして給付します。
・全ての水道利用者を対象に、2か月分の水道料金を免除いたします。
・その他にも支援策を用意しました。

・さて、ここで、市内の感染者の状況がわかりました。
・5月14日時点、入院またはホテル療養をしている人は、41名です。
・もうひと踏ん張りです。
・私たち一人ひとりが気を緩めず、人に対して大らかに、支え合いながらこの困難を乗り切ってまいりましょう。」


なお、この放送は5月18日まで毎日、放送します。

お問い合わせ:所沢市 危機管理課
電話:04−2998−9399